個別作文コース(小3~)

 大人でも日記を続けるのはとってもたいへんですよね…。あ、ぁ今日は書けなかった…。

 

 

 そういう否定的な気分になってしまうのでは、せっかく書くことを決めた作文も意味がなくなってしまいます。

 

 

 作文を書く一番の楽しみは、自分自身に問い、自分自身の言葉で、自分だけの作文を作り上げることです。きれいな文章、上手な文章を書くというのは、もちろんすばらしいことですが、子どもたちの自己肯定感を高めるためには、自分らしい言葉で書くことを楽しむことが一番大事です。

 

 

 まずは、整った文章ではなくても書くことが楽しめるように、『今日のこと』『すきなこと』などという身近な課題から入り、その後、『なぜ毎日~するの?』『なぜ~が好き?』といった日常生活の中にある小さな疑問から、自分の考えを200字程度で表現していきます。

 これが書けるようになるだけで、子どもたちは自信をもち、堂々と等身大の自分の考えや気もちを言葉で表現し、相手に伝える楽しさを身につけていきます。

 

 

 たくさんの想像力を生かし『もし~だったら…』という豊かな発想を大切にしていきます。

 

 学年があがってくると、文章を読んで感想を求められることも増えてきます。友だちの考えに共感するだけではなく、自分の考えを相手がわかるように書いたり話したりできることも必要になります。

 

 

 相手の考えを理解しながら聞いたり、意見を交わしたりできる。これらの力は将来すべての分野で確実に役立ちます。書くこと・伝えることが楽しいと感じられる環境で、まず自信を持てるようになることが、このような力を育む近道です。

 

 

 ロジカル(論理的)に、クリティカル(批判的)に思考する力も育ちます。当たり前のことを疑ってみたり、疑問に感じる心を養うことも、内容の濃い作文につながっていきます。

 筋道が通っていて説得力ある意見を示すことができるよう目指していきます。受験(受検)などをご検討なさっているお子さんにはおすすめです。

千石作文教室

sengoku.sakubun@gmail.com

​文京区千石2-43-10

03-6322-2565

​(不在時は留守番電話にメッセージと電話番号を入れて頂ければ、

折り返しお電話差し上げます)

 

​無料体験のお問い合わせはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/341c5ccf699251
  • Facebook Social Icon

© 2020 by 千石作文教室 created with Wix.com