理由がわからずお子さんが学校に行けなくなってしまったとき

 無理に行かせないほうがよいのか、それともやはり少しは背中を押すべきか迷いますよね。私も一年前までその悩みを抱えた母の一人でした。子どもが『行きたくない。』『学校ほどつまらないところはない。』そう言って毎日家で一人ゲームや読書をして過ごしていることが母としてどんなに辛いことでしょうか。せめて給食だけでも休み時間でも…。

 母子でたくさんの辛い経験を通して今つくづく感じることは、子どもが元気に学校に行ってくれるというのは、本当にありがたいということ。お子さんを学校に戻してあげたいと思う保護者の方々、一緒にお子さんの不登校を乗り越えませんか? 

 教職員、学校、そして保護者の立場それぞれの視点から考え、お話を伺います。

『一緒に日記を書いてみない?』そんな軽い気持ちでお問い合わせいただけると幸いです。

千石作文教室

sengoku.sakubun@gmail.com

​文京区千石2-43-10

03-6322-2565

​(不在時は留守番電話にメッセージと電話番号を入れて頂ければ、折り返しお電話差し上げます)

 

  • Facebook Social Icon

© 2020 by 千石作文教室 created with Wix.com